環境質 予見分野

メンバー紹介

環境の質の向上と評価。環境汚染の防止と環境の修復のために。

教授  田中 宏明

 人や社会の活動などに伴う汚染物質や生態系を支えるために必要な物質の発生機構、環境での輸送・変換機構、生態系への移行、人や生態系への環境影響について研究を推進し、環境の質を評価する手法の研究、開発を行っています。また、分子生物学や環境毒性学などの生物的手法の研究や流域と水域のシステムを循環する水や物質の持続可能な対策、管理技術についても研究を行っています。  環境の質を向上させるため、さまざまな環境ストレスの環境動態、生態系への影響評価、制御に関する研究を行っています。エストロゲン様物質の下水道や放流水域での挙動や水生生物への影響を化学分析、バイオアッセイ、水域での現地調査を行ってきました。また、医薬品汚染についても研究を発展させています。

経 歴

0000年 □□□□□、□□□□□、□□□□□、□□□□□。
0000年 □□□□□、□□□□□、□□□□□、□□□□□。
0000年 □□□□□、□□□□□、□□□□□、□□□□□。
0000年 □□□□□、□□□□□、□□□□□、□□□□□。
0000年 □□□□□、□□□□□、□□□□□、□□□□□。

PAGE TOP