環境質 予見分野

メンバー紹介

健全な水環境の保全と創造を目指して

准教授  西村 文武 (NISHIMURA Fumitake)

生態系が構築され、持続・進化していくためには、物質循環が必須になりますが、人間や生態系にとって有害となる物質が循環すると環境問題はをはじめとする様々な問題が生じます。健全な物質循環を促進させ、同時に有害物質の循環を断ち切るための処理技術の開発とその評価に関する研究を行っています。

研究テーマ
・物学的反応を活用した資源回収・省エネルギー型廃水処理技術の開発
・物理化学的酸化処理法の基礎的反応特性の評価
・水環境保全・利水のための流域の水環境管理・データ活用に関する調査研究

researchmap
京都大学教育研究活動データベース

経 歴

1991年3月 京都大学工学部衛生工学科 卒業
1993年3月 京都大学大学院工学研究科衛生工学専攻修士課程 修了
1996年3月 京都大学大学院工学研究科衛生工学専攻博士後期課程 修了(博士(工学))
1996年4月 京都大学大学院工学研究科環境工学専攻 助手
1997年4月 愛媛大学工学部環境建設工学科 講師
2002年3月 米国シンシナティ大学 訪問研究員(文部科学省在外研究員2003年3月まで)
2004年4月 愛媛大学工学部環境建設工学科 助教授
2006年4月 愛媛大学大学院理工学研究科生産環境工学工学専攻 助教授
2007年4月 京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻 准教授(水環境工学分野)
2020年4月 京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻 准教授(流域圏総合環境質研究センター)

PAGE TOP